ブログ

「親孝行学」とは?

親孝行は「学問」である。

親孝行について人に話せば話す程、親孝行は学び続ける学問だと思うようになりました。

今回は、親孝行が「学問」に繋がる理由について話をしていきます。

自己紹介


株式会社青い鳥の代表を務めている、中村です。

20歳の時に親孝行の仕事をすると決めて、26歳の時に起業。
今年で30歳になります。

学生時代は反抗期で家族に迷惑をかけてきました。

ではなぜ今、私がこの親孝行の仕事をしているのか。

理由は一つ、「家族の大切さに気付いたから」

気付くキッカケになったのは、18歳で親元を離れて一人暮らしを経験したこと。
その時に心の底から「家族に守られて生きてきた」と感じました。

この経験のお陰で、私は親孝行の仕事をすると決めました。

親孝行の仕事をすると決めて、たくさんの社会人の方に私がやりたいことの話をしました。

「面白いね!」と言ってくれた人がいたかいないか。
今となっては正確には覚えていませんが、9割の社会人の方に否定されました。

やりたい軸は決まったけど、ビジネスモデルがわからない。
まずは勉強するために、ベンチャー企業に就職して3年働きました。

そして、26歳の時にずっとやりたかった親孝行の仕事をする為に、株式会社青い鳥を創業しました。

「親孝行学」とは?

親孝行とは、親を大切に思い、行動すること。

これは私の”最初”の親孝行の考え方です。

創業間もない頃は、親孝行=親に向けてすること。だと考えていました。
おそらく、この記事を読んで下さっている方々も同じ考えではないでしょうか。

ですが、人の考えはアップデートされていきます。
様々なご家族と関わらせていただく中で、私の親孝行に関する考えはアップデートされていきました。

私は20歳の頃から一日たりとも「親孝行」について考えることを忘れたことはありません。

そして今、私が考える親孝行とは何か?

「家族を大切にして行動すること」

「親」から「家族」に変わりました。

小さい変化のように見えますが、これは大きな変化です。
「家族」と捉えることで対象が大きく広がります。

つまり、先祖、後世まで含まれることになります。
先祖が居てくれたお陰で、今のあなたがあります。
だからこそ、先祖に感謝する気持ちを持つことが大切です。

では今、何をしていたら先祖は喜んでくれると思いますか?

私は「人に喜ばれることをして、今を一生懸命に生きること」だと思っています。

自分のことだけを考えるではなく、相手のことを考える「利他の心」を持つことで、
先祖は喜んでくれるのではないのでしょうか。
もし私の後世の子供達が「利他の心」を持ち、人に喜ばれる仕事をしていたら、私はとても誇りに思うでしょう。
喜ばない親は居ないはずです。

血の繋がりを持っていることが家族と捉えた場合に、子供を持つと同時に私達はいつか「先祖」という立場になります。
だからこそ、後世に対して何が出来るのか?を考えていくと、今やるべきことが見えてくるはずです。
仕事、プライベート、その他のことかもしれません。

大事なことは「一生懸命に今を生きること」です。

では、後世にどのようにこの生き方を伝えていくことが出来るでしょうか。

それは、今生きている私たちが行動するしかありません

自分の子供に対して愛を持って接することで、後世に愛を伝えることが出来ます。
これは教育の一つです。

先祖に対しては敬い、後世に対しては愛を伝える。

これこそが私が考える「親孝行学」です。
そして、私の考えは様々のご家族と関わることでアップデートしていきます。

親孝行に終わりはありません。

学び続けるからこそ「親孝行学」なのです。

家族のカタチに正解はない

私は、血の繋がりだけが家族とは捉えていません。
家族には人それぞれのカタチがあります。

家族のように大切に思う相手が居るのであれば、その人に対して敬意を持って接して愛を伝えることでしょう。

私はこれまで多くの方々の親孝行をサポートさせていただいてきましたが、家族のカタチはそれぞれです。

正解もないし、不正解もありません。

その家族が幸せだったら正解だと私は思います。

その幸せの一瞬を、後世に伝わる形にしているのが私たちの仕事です。

自分の親、奥さんのご両親、そしてその両親を生んだ祖父祖母。
親孝行の対象はご先祖様から、自分の子供へ。

そして世代を超えた親孝行の想いが、ご先祖様が一人でもかけたら今の自分はいない、
”生かされている”という意識につながります。

これによって自己肯定感が高まり、家族・人に感謝する心が芽生えます。

親孝行は人の教育にも良い影響を与えます。

親孝行とは人生であり、終わりのない学問である。

私はこの「親孝行学」を人生を通じて、提唱していきます。

最後に

「親孝行学」が生まれたのは、お客様のお陰です。
お客様の家族に対する想いから多くのことを学ばさせていただきました。

家族のカタチに正解はない。
だからこそ、様々な方の家族観をインタビューするメディアを仲間と一緒に作りました。

人の家族観に触れることで、あなただけの家族観が形成されていくでしょう。

一緒にこのメディアを盛り上げてくれる仲間も募集中です!

是非一度、見ていただけると嬉しいです。

かぞくのとき(家族を大切にしている人が集まるメディア)

LINEで簡単に親孝行のご相談ができます!

友だち追加